解離性大動脈瘤の症状
解離性大動脈瘤の予防策はずばり大動脈硬化の予防にあります。大動脈硬化が、解離性大動脈瘤を引き起こす原因であるからです。

大動脈は輪切りにして断面を見ると、内膜、中膜、外膜の三層構造になっています。内膜は一層で薄く、中膜は厚く、外膜は薄くなっています。心臓が送りだした血液は一度大動脈を膨らませます。次に膨らんだ大動脈が今度は縮みながら、血液が流れて行きます。大動脈は一番高い圧を受けていることになります。

解離性大動脈瘤は、血液が中膜に入り込んで、どんどん、動脈の三層構造が壊れてしまった状態です。中膜に入った血液はどんどん進んで、解離が進行してしまいます。解離が進行すると、出血によるショック症状、血栓や梗塞など、あらゆる循環障害が始まります。動脈の外膜は薄いので、大動脈から高い圧力で出血が始まります。

水道管に例えると本管から水(血液)が吹き出すイメージです。大動脈が解離した位置によって、出血に伴って起きる症状が変わります。

たとえば「心嚢」という心臓を包んでいるものの中で解離が起こって、血液が心嚢に漏れだすと、漏れた血液が心嚢内にたまって、外から心臓を圧迫してしまいます。これは「心臓タンポナーデ」という心臓が動かない状態を生みます。これは心筋梗塞で起きる心破裂と同じで、即死の状態です。特に胸痛がなくて心臓タンポナーデが起こった場合は、解剖で心嚢をあけて、初めて死因が判明することもあります。

また、「心嚢を出た後」の大動脈で解離が起こった場合、出血性のショックとなります。一方、解離した部分では血小板が活性化して体内で止血が始まります。次に凝固系も活性化しますので、結果的に大動脈内で血栓ができてしまいます。解離部分にできた血栓が血流で飛ぶ状態となり、血栓は大動脈から流れて行って、全身の血管が詰まってしまいます。血管が詰まる(血栓による塞栓症になる)と、血管が詰まった部位に応じた症状となります。例えば脳で塞栓症を起こせば脳梗塞となります。

このように、解離性大動脈瘤は、非常に恐ろしい病気の一つなのです。また、以上のショック状態から奇跡的に回復して、意識が戻ったとします。

次に恐いのがショック肺です。肺への血液が減った時に受けた障害で、肺が傷ついてしまっていた場合、呼吸不全で死亡してしまうことがあります。肺自体が損傷しているので、この場合は酸素を送ってもガス交換ができません。このショック肺も非常に死亡率が高い病態です。

Copyright (C) 解離性大動脈瘤の症状 All Rights Reserved